複数の人

フライヤー印刷でアピール【リーズナブルだけど効果絶大な広告】

広告の基本

笑顔の男性

お店のPRをしたいときには、看板を出したりチラシを配布したりといった方法がありますが、その中で手提げ袋を広告塔として使用する方法があります。手提げ袋にお店のロゴを入れる、あるいは店名やお店のカラーを入れることで、そこで商品を購入した人だけでなく、その手提げ袋を見た人に対しても宣伝効果が期待出来ます。そのため多くのお店で手提げ袋に様々な工夫が施されています。その手提げ袋は専門のフルオーダーを請け負っている業者に依頼して制作することが可能です。もしデザインに凝りたい、かつ安い価格で依頼したいのであれば、海外で作ってもらう方法があります。反対に早く作って欲しいという要望であれば国内生産されたものを選択することが出来ます。どちらにもメリットがあるので、その時その時の状況に応じて選びましょう。

手提げ袋を個性的なお店ならではのものにしたいのであれば業者に依頼しますが、そのときに要望を記入して見積もりを出してもらうことが出来ます。またサンプルバッグといって紙の素材や紐を確かめたいという人に向けたものがあるので、それを依頼することも可能となっています。その場合、無料のものもありますが量が多い場合は送料がかかることがあるので注意しましょう。その後確認をして問題なければ、デザインや数量の確定などを行なっていきます。この本格的な注文の時にも、手提げ袋の枚数が多い、あるいは一括での納品依頼の場合だと送料が無料になることがあるので、その基準などを業者に聞いておきましょう。